ウォーキング継続の工夫~凍結対策~

せっかく始めたウォーキング、気候のいい春や秋ばかりではなく、寒い冬にも継続したいものです。そこで、「寒いから今日はやめとこう」「道が凍結しているから止めとこう」と中断しなくて済む、凍結対策をご紹介します。

凍結対策は意外に重要

※道路凍結しない地域にお住まいなら、この項目はスルーして下さい。

たとえ東京の都心といえども、冬になると、凍結する日があります。凍結した日の朝は、都心のあちこちで、出勤途上のサラリーマンがご苦労されている姿が、ニュースで報道されるものです。

例えば、歩道がわずかに傾斜しているため、革靴を履いたサラリーマンが、一歩先に進もうとしても、するするする・・・と、元の位置に戻ってしまい、先に進めない・・・。不意に転倒している方がいる・・・。etc。

ウォーキングを休まずに続けるためには、最初から凍結対策グッズを用意しておく必要があります。

靴底用滑り止めスパイク

※すでにご存じの方はスルーして下さい。

ウォーキングシューズは革靴ほどスリップはしませんが、それでも、凍結道路を歩くのは危険です。若い時と違って、たった1回の転倒で、それ以降、カラダのあちこちに支障が出たりするものです。

そこで、靴底に装着するスパイクを入手します。近くのお店に在庫がない場合は、通販で購入可能。「靴底用滑り止めスパイク」で検索してみて下さい。

ただし、避けた方がいいスパイクもありますので、詳しく説明しておきます。

ウォーキング用の滑り止めスパイクでNGなのは?

このスパイクは、つま先側にスパイクピンがあり、かかとの側にはない、コンパクト軽量タイプ。これをカバンに入れておけば、通勤途上に凍結路があった場合に重宝します。革靴であっても、このスパイクを装着し、つま先でそっと歩けば、傾斜で滑り戻ることは避けられます。

しかし、ウォーキングにはNGです!

装着して歩き始めると、最初は、つま先側で恐る恐る歩くでしょう。その段階では、つま先側のスパイクピンが凍結路をしっかりグリップするでしょう。それに、だんだん慣れてきた時に、危険がやってきます。

つい、いつものように、かかと側で着地・・・! ステンころりん!

たった1回でもかかと側で着地するミスをしたら、そのとたんに転倒です。凍結路はカチカチ堅いです。転倒の衝撃で、骨にひびが入ったり、関節を痛めたり、あるいは、背骨がゆがんで後遺症を招いたり、というリスクが非常に高くなるでしょう。

ウォーキング用の滑り止めスパイクはこれ!

ウォーキング用の滑り止めスパイクは、つま先も、かかとも両方にピンがあるタイプを選びましょう。

最新情報をチェックしよう!